宮崎市の英国式庭園 国交大臣賞を受賞NEW 

優れた公園を表彰する「第38回都市公園等コンクール」(注)で、宮崎市の県立阿波岐原森林公園(宮崎市新別府町上和田)内の「国際海浜エントランスプラザ」にある英国式庭園が、管理運営部門で最高賞の国土交通大臣賞を受賞しました。

英国式庭園は1999年に開催された「全国都市緑化みやざきフェア」(グリーン博みやざき)の目玉として設置され、宮崎で生育の難しい植物が多いイギリスの庭園を宮崎で再現するため、数年かけて試験栽培した草花で英国式の落ち着いた庭園を作り上げたことなどが評価されました。

受賞したのは庭園を運営する一般財団法人みやざき公園協会とフェニックスリゾート株式会社の共同企業体(JV)の「エムパークスフェニックス」です。

 

その他の国土交通大臣賞を受賞した公園は以下の通りです。

設計部門:安満遺跡公園(大阪府高槻市八丁畷町)

施行部門:金沢八景権現山公園(神奈川県横浜市金沢区瀬戸)~歴史的景観の継承~

特定テーマ部門(複合領域の連携により新たな価値を創出した取り組み):としまみどりの防災公園(東京都豊島区)官民連携の取組み

(注)都市公園等コンクールは、一般社団法人日本公園緑地協会が主催する、供用開始されている都市公園や公共施設緑地、さらに民間施設緑地等について、設計、造園施工、材料・工法・施設、管理運営、企画・独創の5部門について広く募集して、その中で特に優秀と認められた作品に賞を贈呈して表彰する制度。

これによって、都市公園の設計、施工及び管理運営等の技術水準の向上と新たな時代の都市公園の創造に寄与することを目的とするもの。