在京宮崎県人会は1906年1月宮崎県人会主催により、ポーツマス条約締結の立役者小村寿太郎侯(飫肥出身)の歓迎慰労会を上野精養軒にて開催したのがはじまりです。以来今日まで、百年を超える歴史と伝統を継承し、政治・経済・文化・スポーツなどの多くの分野で、あまたの人材を輩出しております。 在京宮崎県人会は、愛郷心に富む宮崎県出身者の相互交流の場であり、皆さんのさまざまな行事への参加を通して郷土発展の一助となることを願っています。宮崎県出身の方ならどなたでも入会できます。皆さんのご入会を心からお待ちしております。